麺 番屋

烏丸綾小路の南西角にあるお店、席はカウンターのみの30席。
メニューは漁師ラーメン・味噌ラーメン・各チャーシューメン・トッピングでチャーシュー・メンマ・ネギ・モヤシ・梅干・とろとろ煮卵で、今回は漁師ラーメン+とろとろ煮卵(左写真)を食べた。
スープは鶏ガラ・鯛ベースの醤油
メンは中細のストレート麺
はチャーシュー・メンマ・ネギ・梅肉
  
以前回転寿司だったこのお店、ラーメン屋さんになったのはもう何ヶ月も前のこと、出来た当時はまだメニューが安定してなさそうだったのでまた今度と思っていたのだが、そろそろいい頃かなってコトで『麺 番屋』に食べに行って来た、なんて言ったってこのお店のウリは、その日の朝に取れた新鮮な鯛でとったスープであろう、鰹節や煮干などの節物とはまた違う香りで、カナーリ個性の強いモノとなっているので、この辺は好みが別れるトコロ、いちおう動物系と鯛系のWスープとなっているが、鯛の主張が強くあまり動物系の風味は感じられなかった、表面に浮いたタップリの背油は注文の時入れるか不要か聞いてくれます、麺は中細のストレート麺、チャーシューはバラ肉とモモ肉の二種類の物入る、やや控え目な味付けのとろとろ煮卵は食べてビックリ!卵白のトコロまでトロトロなのです、この食感はどうやったら出せるのだろう?
一口食べた瞬間、いやラーメンが目の前に来て香りを感じた瞬間ガツンとくるインパクトの強い一杯、それだけに好みが別れるのだろうが、ボク的にはあまり好きなタイプでは無かった、スープだけを飲むと素晴らしく美味しいのだが麺と絡めて食べると、なぜか鼻から抜ける鯛の風味が悪い方向へ・・・まぁ好みですね( ̄ヘ ̄;)ウーン
      
     
      

2005年5月19日(木)再食に行って来ました♪
メニューは漁師ラーメン・醤油ラーメン・味噌ラーメン・各チャーシューメン、トッピッグはチャーシュー・メンマ・ネギ・無添加梅干・とろとろ煮卵で、今回は漁師ラーメン+とろとろ煮卵(左写真)を食べた。
スープは鯛・鶏ベースの醤油
は中細のストレート麺
はチャーシュー・メンマ・ネギ・梅肉・柚子・煮卵
   
もう二ヶ月も前のコトなのですが「漁師ラーメンの味が変った!」ってMailをもらった、おぉ〜それは食べにいかねばと思いながら、お仕事の忙しさと財政困難でなかなか行くことができず、今日やっと食べに行くことが出来た(まずは言い訳からw)、待望のラーメンが目の前に現れ柚子の清涼な香りが更に期待感を膨らませます、まずはスープを一口、「旨い!」やや粘度がある鶏の濃い旨味が感じられ後からじわっと鯛の風味が口の中いっぱいに広がる、そして以前感じた臭みは完全に抑えられ旨味のみを残している、ほんのりと甘味をプラスする背脂は注文の時に入れるか入れないか聞いてくれる、ボクは入れる方を選択です、和風な感じの中にもしっかりとラーメンを食べたと言う満足感、すべてが良いバランスで引き立て合っている、やや硬めに茹でられた中細のストレート麺はシコシコとした食感がよくスープとも合う、バラ肉のチャーシューは甘くトロトロの脂身としっかりと味付けされた赤身が抜群に旨い、大きく太目なメンマもコリコリと食感か良くしっかりとした味付け、とろとろの煮卵は相変わらずサイコーに美味しい、この煮卵は今まで食べてきた中でも5本の指に入るトップクラスの旨さである!
地鶏とその日あがった鯛を使った贅沢なWスープは、変ったと言うよりボクの好み的には大きく進化したと言いいたい、更にカウンターの上段には醤油タレも置いてあり好みでちょっと足したりも出来る、そんなトコロにご主人さんの気配りの細かさを知った、ボクは5ccほど足し見たのですが、また少し味が広がったような気がしました、まだこれからも進化していきそうなこのラーメンに大きな期待です((o(^∇^)o))わくわく
   
    

    

    

住所 京都市下京区二帖半敷町 [地図]

電話 075-353-4600

営業時間 11:00〜23:00 

定休日 無休

HP http://www.narihira-banya.com/

お気に入り度 ★★★★

 
 
 

[Top] [下京区]